涼宮ハルヒのアルバイト探し
涼宮ハルヒのアルバイト探し
ホーム > 生活 > アポスティーユ

アポスティーユ

アポスティーユをとろうとしている無犯罪証明書は、本人で無ければいけないことが判明しました。行政書士さんみたいな代理人でも、ダメなんでしょうか? 確かに、私がアポスティーユを必要としている犯罪履歴証明書はプライバシーの塊みたいなものでしょうけど、でも、戸籍でさえ代理人で取得できるのに、無犯罪証明書はダメって言う理由が分かりませんね。
私たちがクレールにとてもかなわないと思うのは多くの場合その技巧と機知に対してである。
 クレールほどあざやかな技巧を持つており、クレールほど泉のように機知を湧かす映画作家を私は知らない。
 彼が最もすぐれた喜劇作者であるゆえんは一にこの技巧と機知にかかつている。
 彼が持つ精鋭なる武器、斬新なる技巧と鋭角的な機知をさげて立ち現われると我々はそれだけでまず圧倒されてしまう。
 技巧と機知を縦横に馳駆する絢爛たる知的遊戯、私はこれをルネ・クレールの本質と考える。
以上の本質論からいつて彼の技巧と機知が目も綾な喜劇を織り上げた場合に彼の作品は最も完璧な相貌を帯びてくる。
 たとえば「ル・ミリオン」である。「幽霊西へ行く」である。
「自由を我等に」「最後の億万長者」のほうを上位に置く人々は、彼の本質を知らぬ人であり、その諷刺を買いかぶつている人であろう。
「自由を我等に」は作の意図と形式との間に重大なる破綻があり、「最後の億万長者」の場合は思想のない諷刺のために息切れがしているのである。ことにあのラストのあたりはつまらぬ落語の下げのようで私の最も好まぬ作品である。作全体の手ざわりもガサツで、絶えずかんなくずの散らばつているオープン・セットを見ている感じが去らないで不愉快であつた。
 そこへ行くと「ル・ミリオン」「幽霊西へ行く」の二作は、彼が彼の本領に即して融通無碍に仕事をしているし、形式と内容がぴつたりと合致して寸分のすきもない。完璧なる作品という語に近い。
 なお彼の作品に現われた様式美についても論ずる価値があるが、これは別の機会に譲ろう。
アポスティーユを付すると、外国でも有効に通用する書面になるわけですけど、どうやら、在外公館でも翻訳証明と言うものはあるみたいです。でも、私は、提出先の機関のおばちゃんに、アポスティーユをもらってくれと明言されてるので、私の語学力のこともあるのですが、めんどくさいので行政書士さんに頼んでアポスティーユを得たいと思ってます。